養育費一般

面会交流をしていない場合、養育費はもらえない!?【弁護士が解説】

子どもを、父親と面会交流させていない場合には、養育費をもらう権利もないのでしょうか。

面会交流と養育費の関係について、弁護士が解説します。

養育費の請求に面会交流は不要

養育費は、親であることに基づく義務です

面会交流をしているかしていないかに関わらず、親である以上、子の養育費を支払う義務があります

「面会交流をしていないから養育費は払わない」と調停などで主張されることがありますが、認められない主張です。

面会交流をすすめる理由

面会交流と養育費とが交換条件ではないとはいえ、極力、子どもと相手との面会交流を実現するべきです。

子は、「もうお父さん(お母さん)とは会いたくない」などというかもしれません。

しかし、それが本心の場合もありますが(特に思春期の時期など)、子どもがまだ幼い時期であれば、同居親の顔色を伺っての発言である場合もあります。

子どもの健全な成長のためには、自分の命のもとである両親の愛情を感じながら成長していくことが望ましいとされています。

それは離婚した場合でも変わりません。

また、養育費と面会交流とは交換条件ではないと言いました。

とはいえ、養育費を支払っている側からすれば、面会交流はできず、子どもの様子もよくわからず、単にお金だけを支払っていることにむなしさを感じてしまうこともあり得ます。

あるいは、今まで養育費を払っていなくても、子と会うことで、養育費支払いへのモチベーションが湧いてくる可能性もあります。

もちろん、養育費を支払ってくれるようにするために面会交流をさせろという意味ではありません。

子どもの健全な成長が第一。そのために、面会交流は大切です。

養育費の円滑な支払いというおまけまでついてくるかもしれません、ということです。

面会交流はせずとも養育費の請求が可能

以上のとおり、面会交流がない状態でも、養育費の支払い義務は変わりません。

しっかりと支払いは求めていきましょう。

とはいえ、DV事案で子の生命・健康が危険にさらされる等といった特殊な事情のない限り、極力、面会交流を行い、お子さんの健やかな成長を促しましょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

着手金無料、成功報酬制で養育費回収をサポートいたします。

淡青税務法律事務所では、お子さまの未来のため、着手金無料完全成功報酬制の養育費回収サービスを始めました。

調停調書や公正証書などの債務名義をお持ちの方限定のサービスとなります。  
くわしくは養育費の回収代行サービスをご覧ください。