採用情報 Recruit

当事務所の理念

    ~ The Foundation of Happiness
    幸せの礎(いしずえ)~

  • 幸せの礎である家族、家、土地などに関わる法的紛争の予防・解決を通じて、人の心の安らぎと地域社会の元気作りに貢献します。
  • ともに働く仲間それぞれの幸せを叶えるための礎となります。

当事務所のHPをご覧いただきありがとうございます。
私たちは、当事務所の理念に共感してくださり、ともに歩む仲間を歓迎します。

当事務所の特色

取扱領域について

 当事務所は、事務所理念の1点目にもあるとおり、人にとって幸せの基盤である家族関係(相続遺言後見信託などの高齢に関わる分野、離婚、少年事件)の問題と、不動産に関わる問題(及びこれに付随する保全・執行の案件)を中心的に扱う法律事務所です。
 依頼者は、比較的個人の方が多く(8割程度)、企業の依頼は少なめです(2割程度)。ただし、今後は、企業のうち不動産会社については顧問契約を増やして行きたいと考えております。
 したがって、これから入所される弁護士の先生や事務員の方には、まずは家族関係(相続、離婚、少年事件)と不動産に関わる法律問題に習熟頂きたいと考えています。

 このように分野をある程度絞ることには、幅広い経験を積めなくなるのではないかと不安を感じるかも知れませんが、多様な事件を少しずつやるのでは習熟のスピードが極めて遅くなってしまいます(数年に1回しかやらない業務のために多大な勉強時間を投入したとしても、その勉強時間や業務時間が、その人の今後につながることはほとんど無いのです)。
 依頼者の方にとっても、それは迷惑です。一つには、その案件に不慣れな弁護士が対応すると、アドバイスや業務遂行の正確性という意味でも、対応のスピードという意味でも稚拙なものとなってしまいがちであるからであり、一つには、その不慣れな案件にリソースを取られている分だけ、当該弁護士が習熟している筈の案件の他の依頼者対応や業務遂行にも支障を来たしてしまうからです。
 以上の理由から、当事務所としては、何でもかんでもつまみ食い的に新しい分野に挑戦することは推奨しません。

 当事務所としては、まずは上記の分野の経験を重ね習熟してから、新しい分野に挑戦することを推奨します(希望によっては、上記の分野以外にあと1分野だけ取り組みたい、というような要望には対応しますが、その場合も、上記の分野と関連性の強い分野(例えば、債務整理事件などは不動産の処理が不可欠となることが多いです。また、不動産会社の顧問契約という意味では、労働法務や会社法務は重要です。)であることを推奨します。)。

当事務所の大切にするもの

 当事務所は、事務所理念の2点目にもあるとおり、事務所の仲間の幸福を大切な目的と考えています。それは、弁護士などの士業のみならず事務員さん、パートさんであっても、これから入所してくださる方(今これを読んでくださっている貴方かも知れません)にとっても、等しく妥当します。当事務所は、何よりもまず共に働く仲間の幸福のために存在するのであって、働く仲間を事務所の維持繁栄のための手段ではないと考えています。

 仲間の幸せのために、当事務所では、仲間の心身の健康、家族など大切な人との良好な人間関係などが土台として重要と考えています。その土台の上に仕事がある、という考え方です。まずは心身の健康を大切にして欲しい、大切な人との人間関係を大切にして欲しいと願っています(それらを大切にしないで、良い仕事はできないでしょう)。
 家族が大切、という考え方は、当事務所が朝礼などで導入している倫理法人会の考え方に大きな影響を受けています。倫理法人会についてはネットで検索などすると随分怪しげな評判も出てくるかもしれませんが、私見では、学びの内容は日本版の成功法則であり(ナポレオン・ヒルの「成功哲学」「思考は現実化する」の日本版、と思うとだいたい合っていると思います。「7つの習慣」ともほぼ共通します)、特色としては親子夫婦の関係を大切にします(家庭を大事にしない会社は早晩潰れる、という考え方も倫理法人会では強いです)。

 また、仲間の幸せのためには、職場(仕事)における幸せも大切と考えています。職場(仕事)における幸せは、どのようにして得られるのでしょうか。
 代表の中澤自身まだ探求の途中ですが、私見では、そもそもにおいて「安心なくして幸せなし」。土台の安心が大切と考えています(①)。具体的には、自身の心身の健康や家族などの大切な人の良好な人間関係等を維持できるといった幸せの土台を実現できる職場であることが大切であり、そのためには、適正な労働時間(過重労働は自身の心身も家族関係も破壊します)、しっかり払われるお給料、有給その他の休暇が取りやすい体制、良好な人間関係下の働きやすい社風、これらを制度面で支える就業規則等の整備・定期的な改善と形骸化させない運用が大切であると考えています(もちろん、このような環境を実現するためには、依頼者に喜んで頂ける高付加価値の仕事を事務所が一丸となってしっかりと、かつ効率的に行っていくことが必要不可欠です)。

 さらに、依頼者に喜んでもらい感謝されること(世の中に認めてもらえる喜び②)、職場内で仲間がいて仲間から認められること(職場で貢献し認めてもらえる喜び③)、自分の仕事が給与・報酬などで家族などに認めてもらえる喜び(④)、業務における自身の学びや成長の喜び(⑤)といった点があるのではないかと考えています。

 まだまだ道半ばですが、これら①~⑤の安心や喜びが感じられる職場でありたいと考え、その実現を目指しています。逆に言うと、これらを阻害する行為(職場内外の不倫、パワハラセクハラその他のハラスメントなど)は当事務所の理念や目的に正面から反する行為であり、厳禁です。


 以下、個別の採用情報です。

弁護士採用

新人弁護士(修習期75期の方)、若手弁護士(修習期73期、74期程度の方)

期待すること

 依頼者のために全力で案件の処理をするプロの職人として腕を磨くことは当然大切ですが、同時に、当事務所では、プロである前に一人の人間として、人としてのあり方を大切にしています(事務所紹介に記載されている当事務所の「人として11の約束」や、「プロとして7つの約束」をご参照ください)。
 また、少し先の話になりますが、将来的には経営者側の弁護士として、当事務所の将来を担って頂きたいと考えております。その場合には、事務所の経営者側弁護士という立場として、上記のとおり、ともに働くメンバー(弁護士のみならず、事務員・パート・アルバイトさんを含む)やそのご家族の幸せに責任を持つことが求められます。基本的に案件処理のみに集中すれば良い勤務弁護士と異なり、経営者弁護士には責任も多いですが、その分、より多くの人の幸せに関わることができ、やりがいも多いです。
 依頼者のため、社会のため、一緒に働く事務所の仲間のため、そしてご自身やその家族のために、頑張ってみたいという方の応募をお待ちしております。

条件等

  • 事務所の目指すところを共感頂ける方(必須)
  • 年収500万円 年1回昇給相談
  • 個人事件

     個人事件は、ご自身の腕一本で仕事をする責任感と気概と能力を養うことに繋がりますので奨励しています。売上の20%を事務所経費として負担頂きます。
     ただし、個人事件においても、受任分野については、上記の当事務所の取扱分野か、上記取扱分野と関連性の強い分野を1つのみとして頂きたいです(理由は上記のとおりです)。また、裁判への出廷や電話対応等やむをえない場合を除いて、平日9時~17時は原則として事務所事件や事務所の業務のために充てて頂き、個人事件については、極力土日祝日や早朝または午後5時以後の時間を利用して頂きたいと考えています。

  • 弁護士会費 勤務弁護士の負担
  • 産前産後休暇、育児休暇については、性別を問わず、取得を奨励しています。
  • 契約期間 1年更新
  • 喫煙者は不可です。
  • 個人事件が増加してきた場合で事務所事件との兼ね合いが難しくなってきた場合等には、上記のとおりパートナーとして事務所の共同経営に参画して頂きたいと考えています。どうしても一緒にやっていくのが難しいという場合には、独立も応援します(本音ではできれば一緒にいて欲しいです!)。

選考

  • 書類選考を経て、面接を行います。履歴書をご送付ください。
  • 面接の際に、簡易な筆記試験、口頭試験等を行うことがあります。

正社員(事務員)採用

 現在募集しておりません。
 ただし、将来的な正社員候補として、パート・アルバイトさんの募集をしています(以下をご覧ください)。

パート・アルバイト採用

法律事務所での事務職員(正社員)のサポート・補助業務が中心です。
タイピングスキルある方、ワードエクセルなど抵抗感ない方だとありがたいです。
また、将来的には正社員として働きたいという方だと有難いです(臨時ではなく、長期的に働いて頂ける方を募集しています)。

仕事内容

荷物・郵便の受取
PDFスキャン
FAX送信・確認
備品購入(主にアスクル)
郵便局・裁判所に行く
データ入力(確認・登録)
会議室予約・来館予約
メール対応
電話対応(取次ぎ)
来客対応(会議室案内とお茶出し)
経費登録(依頼者立替分小口現金)
各種証明書の取得(住民票・戸籍・登記簿等)
領収書等の撮影(弥生青色申告)
資料の整理
名刺登録(Eight使用)
書類のシュレッダー、ゴミ捨て(ダンボールなど)
他書類・データの作成、書類の発送、その他弁護士からの依頼など
その他 事務職員及び弁護士の補助全般

アクセス便利

職場は、東京の中心部、日比谷公園に隣接する飯野ビルディングという建物の中です。
霞ヶ関駅直結(雨の日も地下鉄降りて濡れずにオフィスまで来れます )、眼下に日比谷公園の広がる快適なオフィスです!(商社の双日さんも入っているビルです)

アットホーム

現在は、代表弁護士1名、正社員1名、パートさん1名、臨時手伝い1名という4名で仕事をしています。
ストレスなく楽しく働いています。
タバコは皆吸いません(喫煙者不可)。

想い・大切にしていること

事務所理念のとおりです。

必須条件

PCへの抵抗感が無い人
ワード・エクセル使用に抵抗ないこと
喫煙者不可

歓迎

パワポ使える方
事務経験ある方

勤務時間・曜日

  • 平日 月~金 勤務です(週4~)。
  • 時間外勤務はありません。
  • 郵便物の処理などがあるため、原則として出社して頂くようお願いしています(ごくまれに在宅は有り得るかもしれませんが、例外です)。
  • 勤務時間

    8:00~17:00
    9:00~18:00
    などです。
    時短可能です(1日5h~)。

  • 完全週休二日制です。
  • パートさんであっても、労働基準法所定の有給休暇あります。
  • ご家族の病気など、急な都合でのお休み可能です。

勤務地

東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
オフィスフロアは禁煙です。

  • 交通費 月15000円上限で支給します。
  • 契約は6か月更新です。
  • お互いに条件が合えば、正社員になって頂きたい(登用したい)と思っています。

その他

採用試験をさせて頂きます。
雇用形態: アルバイト・パート
給与: 時給1,200円 – 1,500円